• 2021/11/12

Hyper-Vを使って仮想環境構築

そこまではいいものの。

仮想環境用にライセンス購入して、元々Proのライセンスを持っていたので、RDしようと思ったら

仮想デスクトップにRD出来ない。

接続環境で見えれば使えるんで、別に問題はないのですが

解像度が小さすぎるという致命的な罠があるんですよ。

困った。面倒くさいですが地道に環境構築するしかなさそうですね。

  • 2021/11/12

OneDriveの同期を一部のフォルダだけにしたかった話

やりたかった事

フォルダの同期を一つのフォルダに絞りたかった。

出来なかった経緯

右下のアイコンからOneDriveの「設定」→「アカウント」タブ→「フォルダの設定」ボタンからドキュメント、ピクチャ、デスクトップフォルダの同期を解除しようとすると、「選択解除しようとしたフォルダーはWindowsデスクトップフォルダーです。これはWindows上の重要なフォルダーで現在OneDriveを指し示しています。というエラー文が出ます。

右下にOKとかボタン出てますが全くOKじゃないです。

 

やりたかった事に対して、Windows10は尽く否定してきました。

ググれば出来ない事では無い筈なんですが、なぜか検索に引っかからない上記の文言。

理由は簡単だったのですが…

 

同期の解除方法

親フォルダのメニューを一つ一つ展開して全ての子フォルダのチェックを全て外さないと親カテゴリのチェックが取れませんでした。

OneDrive、複数のWindows10PCを持っているとデータの受け渡しが楽で便利と言えば便利なんですが、インストール直後に自動で全てアップロードしてきてデータ容量が足りないと言われるのはちょっと何とかして欲しいですね。

  • 2021/11/12

GoogleChromeでダウンロードしたフォルダの行き先を自動で変更する

Downloads Router

参考にした記事

【Chrome拡張】ファイルの種類やドメインで保存先を切り替えてくれる「Downloads Router」が便利!

ちょっと難しかったです。

一度設定してみれば簡単なのですが…。

 

ちょっとハマったところ。

シンボリックフォルダは面倒だったのでソフトのインストールはしませんでした。

コマンドプロンプトを管理者権限で実行後のコマンドなんですが、

mklink /D <新規で作成するフォルダ> <元フォルダ>

こうです。

私はダウンロードフォルダは全て外付けHDDに保存しているので、

 

mklink /D D:\_ダウンロード\_img\ D:\_ダウンロード

 

と書いて実行しました。

  • 2021/11/12

YouTubeの動画をニコニコ動画のように流れるコメントにするスクリプト

使用ブラウザ:GoogleChrome

 

めちゃくちゃ便利です。

ただ純粋にGoogleChromeの拡張機能を使っている訳ではありませんので、注意が必要です。

 

Flow YouTube Chat

 

導入のやり方

  1. GoogleChromeの拡張機能のTampermonkeyをダウンロード。
  2. 有志の方が作ってくれたスクリプトのFlow YouTube Chatをインストール。
  3. 有効化して再起動。

 

動作的に何をしているのかと聞かれたら、

ざっくり、スクリプト(人間が入力する仕組みを自動化したもの)を動かしてくれるアプリを使って、誰かが作ったプログラムを自動で実行してくれている、という感じになります。

便利ですが、怖いですよね。ソース見ても素人目には何をしているのかさっぱりですし…。

ソースコードを見てみたのですが、JavaScriptでしょうか。こういうコードが書けるようになると、楽しいでしょうねー。